古き良き時代の音楽

代表の部屋から,音楽FM音源,MSX,SCC,シューティングゲーム,ロールプレイングゲーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

緊急事態宣言発言中でどこにも行けず、とりあえず作曲の材料を集めてパソコンに向かっています。

YouTubeでいろいろとネット徘徊してみると、懐かしいゲームミュージックにたどり着きました。
これが、わたくしの原点です。

主としてはロールプレイングゲームやシューティングゲームが多いですね。
まだ引き出しには、MSXパソコンやPCエンジン、スーパーファミコンなどが眠っています。
ゲームのサウンドトラックや、実際にノーミスでプレイしてみたところをカセットテープに録音し、何度も聴いて音楽を独学で覚えました。

その作曲活動も来年で30周年を迎えます。
当初はMSXのPSG+SCC+FM音源を使って曲作りしていた頃を思い出します。
コード理論も全くわからず、自分の気持ちだけで思いっきり作ったことも記憶にあります。

初めて手がけた曲は「NISSY’S BEST ~The Promise of encounter and melody~」に収録されている「Parade」です。
※現代版にリメイクされています。音楽配信サービスで検索してみてください。

最初は好評でしたが、後に曲を作るたびに反省点がたくさんあり、果てはスランプに陥り、2010年からフュージョンというジャンルで再出発し、今の形となりました。

2018年からはピアノ教室にも通い、一から覚え直しているところです。

最近は、Windowsで動作するMSXエミュレーターもありますから、一度過去のフロッピーディスクからどんな曲があったか、怖いもの見たさに聴いてみたいですね。
また、1994年からMIDIに移行してからの曲も同じく。

いやぁ~あの頃は懐かしい時代でしたね。
昭和・平成といい音楽がありましたし、これからの令和ももっといい曲ができたらと思います。