PCI Expressに、何でも挿せばいいってもんじゃない!

Release: 2020/09/06 Update: 2020/09/06

2代目音楽制作ワークステーションに

  1. グラフィックボード ×16
  2. サウンドボード ×1
  3. USB3.1 GEN2 ボード ×4
  4. 10GB LANボード ×8

しかし、最後のMarvel製のSATA×4インターフェースを挿そうとすると認識しない…

原因を探りにパソコンショップへ行ってみました。

原因は、PCI Expressの帯域オーバーでした。

システムが古いため、帯域は狭かったことに気づいてなかったのが反省点

改善策とは

  • BIOSから、使わない付属デバイスを無効(Disable)に変更し、IRQと帯域を確保する
  • 特にUSB3.0を使わない場合は無効にしてみる

これをやってみると、認識する場合があるそうです。

参考として、マザーボードに付属しているデバイスも、実はPCI Expressとして使用しています。

  • サウンド機能
  • IEEE1394インターフェース
  • USB3.0インターフェース
  • SATAインターフェース

これはすべてPCI Expressとして動作します。

最近では、USB3.0やIEEE1394、不要な拡張SATA×2は、帯域ダイエット対象です。

古いパソコンで、どうしてもPCI Expressを拡張したい場合は、是非お試しあれ!


HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください