AQUARIUS Project JAPANでは、ZOOMによる音楽セッション(音合わせ)を大阪~東京間で実施いたしました。

環境と結果は次のとおりです。


大阪:eo光 10ギガ回線
東京:NTT docomo Pocket WiFi 回線(速度不明)

試用曲

  1. そよ風からの招待状 2011
  2. 木陰
  3. ジョニィへの伝言
  4. よこはま詩集
  5. ハナミズキ
  6. 勇気100%(ロングバージョン)
  7. 千の風になって

結果は2拍~1小節の遅延が発生

どちらかが音を合わせながら弾いていくため、うまくセッションしにくい場面が多々ある

結論として音楽専用のオンラインシステムソフトウェアが必要

以上


このような結果となりました。

あとがき

今後セッションを行う場合は、どの回線でも遅延の少ない音楽セッションに向いたオンラインシステムソフトウェアが必要となっています。

更に、Windows・Mac・iPhone・iPad・Android端末(携帯・タブレットなど)に対応したソフトウェアも要求されることがわかりました。

次回のオンラインセッションの前に、アプリケーションを探していくことになります。

 

この度、インターネット回線を10Gbps環境を導入しました。

高速化として
  1. 音楽環境ソフトウェアのダウンロードの時間短縮
  2. 遠隔操作によるテレワーク型レコーディングの音声向上化
  3. 将来Youtubeをアップする際の時間短縮による作業効率アップを測る

ネット回線は引き続き、eo光を利用します。

システムの完全10Gbps化への日程
  1. 5月1日…10Gbps対応LANボード(intel)を2枚導入
  2. Cat7A型LANケーブルを導入(クライアント用2本、ルーター用1本)
  3. 6月15日…全10Gbpsの4ポートLANハブを導入

10Gbps対応LAN Hubは、大変高価ですので、日程を6月としました。

そこで、何が必要なのかをピックアップしてみました。

こちらが10G/2.5G/1000M/100Mbps対応のPCI-eのLANボードです。

こちらが10G×2ポート/2.5G×2ポート対応のスイッチングハブです。


本日、空間除菌のクレベリン(大幸薬品株式会社) 150gを購入いたしました。

2ヶ月間、在宅ワークに対応可能となりました。

ですが、新型コロナウイルスには、まだまだ油断禁物です。

1日でも早い収束を心よりお祈り申し上げます。

以上。

本日、こちら大阪府をはじめ、兵庫県、福岡県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に「緊急事態宣言」が発生しました。
一日でも早い収束を、心よりお祈り申し上げます。
また、新型コロナウイルスでお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。

明日4月 8日(水)から、AQUARIUS Project JAPANの本部、代表の作業場でのテレワークを実施に向けて、
二酸化塩素消毒を行いながら作業を予定しております。

いま有力候補としては、大幸薬品株式会社の「クレベリンシリーズ」を明日、設置を予定しております。

新しい情報が入り次第、アップしますので、どうか、よろしくお願いいたします。

はじめまして

AQUARIUS Project JAPANのブランドが本日より変わりました。

これが初登場、AQUARIUS Project JAPANのマークとなります。

外観はト音記号の形をした泉をイメージとし、

周りには自由に流れる水として、

また、水の都「大阪」から発信するイメージとして

大阪を代表する紺色の3種でカラーリングしました。

そして中央金色の再生マークは、発信基地として

「輝かしく走り出す」という意味が込められています。

そして、スローガンも一新しました。

「Courage and ideas together ~勇気とアイデアを一緒に~」

音楽界のR&Dとして、今まで培ってきたノウハウをさらに進化させ、

音楽を研究開発として取り組みます。

新しくなったAQUARIUS Project JAPANをどうか、お力を添えていただけたらと思います。

どうぞよろしくおねがいします。

 

 

大阪を代表する紺色の3種とは

①オリックス・バファローズの球団カラー「ウォーターネイビー」
②京阪電車「コンフォートサルーン」のカラー「エレガントブルー」
③Osaka Metroのイメージカラー「紺色」

 

 

新年明けましておめでとうございます。

昨年は「Clap & High Touch」「僕らの三番街(だいすきなまちプロジェクトオーケストラ)」が大人気に終わりました。

本年は、「Purposive Journey(NANKAI Rapi:t Version)」の配信と、新曲に引き続き力を入れます。

そして春を目処に、音楽製作マシーンの更新を予定しております。

そして、URLを変更し

として本日より、新たに出発しました。

今年もみなさまにとって、素敵な一年でありますように。

AQUARIUS Project JAPANでは

自宅兼本部の音楽制作室にてUR22Cを2019年11月25日に導入予定です。

USB3.0対応インターフェースにより、音質出力が最大32Bit/192kHzへと高音質の音響環境となります。(現在 UR242 24Bit/192kHz)

今後は自宅兼本部の音楽制作室のワークステーションのグレードアップ、出張スタジオレコーディング用のノートパソコン及びオーディオインターフェースの導入も検討しております。

今年5月に音楽制作ワークステーションを製作・導入する予定でしたが

ASRock X299 Extreme 4の生産終了、および、後継機種が来年登場する為、延期となりました。

マザーボードが登場するまでは、メモリDDR4 64GBをまずは購入します。

逆にスペックが良くなるので、前向きな延期となりました。

先日の三連休で試験的に始めた「レンタルマネージャー」


ルールとしては

①専属ではなく、半日から1日契約

②最長76鍵の電子ピアノ(今の段階)のレンタルをサポート

③権限として販売のサポートは触れられない

④権限として路上ライブでの使用は禁止(公認ストリートライブに限る)

⑤権限として先の予定を組むことは不可能

⑥設営作業はサポートする

※本番以降は権限としてのルールが増える見込み

今回は、ピアノシンガーソングライターの梅谷陽子さんのレンタルマネージャー業務でした。

道頓堀での公認ストリートライブ、大阪日本橋でのライブに参加しました。

この夏に音楽制作用ワークステーションを新設にあたり、価格調査をしましたが、64GB(16GB×4枚)が大幅に値下がりしたことで、より強力なワークステーションか出来上がる予定です。

CPUをCore i7の8コア/16スレッド

これぐらいのスペックだったら更に強力だと思いました。

予算の再計算もしていこうと思います。