脱AMD-CPU??

Release: 2019/01/07 Update: 2019/01/07

今、多目的端末(通称:マルチメディア機)は、USB絡みで不安定です。

AMDだからと恨むわけではありませんが、「それが原因」という意見もありました。

AMD CPUの場合、CPU周波数などが変動するそうで

USB転送のタイミングにより、パケット通信の管(パイプ)が大きくなったり小さくなったりするために、特にUSBテレビチューナーはデーターの取りこぼし(通称:Drop)

PCI-EのUSBチューナーでは、Windowsが立ち上がらなくなったり

同じテストをIntel CPUで試すと正常に動きました。

AMDを諦め、既存の音楽制作端末を改造してマルチメディア機へ編入し、新しくIntel X299 LGA2066の端末を音楽制作端末にスライド法で改良する案が、ここへ来て出てきました。

ちなみに

3カ年計画としては

2019年上旬…音楽制作端末を、Intel X299 LGA2066を投入する。

2019年下旬…Panasonicのミラーレス一眼カメラのボディー「G9PRO」を導入する。

2020年未明…スタジオレコーディング用ノートパソコンを導入する。

ということになっています。


HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください