懐かしいやら、恥ずかしいやら

Release: 2020/11/18 Update: 2020/11/18

「ほんとにもぉ~ SoundFontさんよぉ~! 恥ずかしいことさせてくれるじゃないのぉ~!!」

本当に懐かしいです。

AIMPという音楽再生ソフトのプラグインにMIDI再生機能があり、その中にSoundFontファイルをインストールすると…

往年の曲が蘇るというとっても懐かしく、とっても恥ずかしい曲を聴く、まさに音楽的公開処刑(笑)

  • 海の向こうのRainbow City (1996)
  • Precious Lover (1995)
  • Alone Christmas EVE (2002) (ex.黒色6。)
  • 目覚めた朝には (1997)
  • Miyako Citym Kyoto (1995)
  • Human SCRAMBLE ~Western Version~ (2004)
  • O・HA・YO・U (1999)
  • 終わりのないイベント (1998)

いずれこの曲たちも、セルフカバーするのであろう…いや…二度としないであろう…いや…どっちだろう (はっきりせんかい!!)

とりあえず、コケました。。。


HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください